2007年01月02日

5年目4〜9月

icon_Thunder.gif

今年の新人は1名。
吉田龍子。
彗星の輝きを持つ少女である。
次代の主役は彼女だろうなぁ。

で、今の主役は伊達、近藤、カンナといったところ。
5月の新世界GPでは伊達が優勝。
怪我の都合もあり、
7月に近藤真琴vs伊達遥のEWA戦が行われました。
結果は『クリンチからの投げ飛ばし』っつー無茶なリネイムをした(汗
STO連発で近藤の勝利に。

伊達はカンナとEWAタッグも挑戦し、
一度は戴冠したのですが、
カオスとモ−ガンのタッグに敗北。
そりゃ勝てませんわ…。

それでも9月には…<9月 IWWFタイトルマッチ クリス・モーガンvs伊達遥>
伊達の膝爆弾が徐々にモーガンを追い込んでいく。
世界に通じる実力を伊達は確かに持っているのだ。
しかし、モーガンはパワースラム2発で一気に追い込む。
やられていても、大技で返すのはさすが。
だが、伊達はフィニッシュムーヴに入る。
タイガースープレックスはカウント2.9!
立て続けにシャイニングウィザード!
勝機を逃さなかった。

伊達遥 IWWFヘビー戴冠!

社長「これで、二人も世界のベルトを巻いていることになるね。」
カンナ「…さすが伊達先輩ですね。」
社長「お前が見下してる近藤もEWAを伊達から防衛している。」
カンナ「……。」
社長「少しは見る目が変わったか?」
カンナ「そうですね、興味が沸いてきました。」
社長「ベルトの価値はどちらも高いからな」
カンナ「…私が巻いて、もっと価値を高めて見せます。」
社長「お前も言うなぁ。」
カンナ「…もっと強くならないと。」
posted by 343 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 新世界プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。