2008年11月23日

5年目1月

1月
桜井さんの映画も近藤さんのCDも断る!
試合集中!
新春興行は大阪城アリーナで。
JWWFヘビー戦でV9を目指す上原さんと、
今度こそ師匠越えを狙う祐希子さんの戦い。

神戸ではアジアタッグでJWWF頂上対決ともいえるカード。
祐希子・来島組VS上原・斎藤組を組んでみた。
結果は引き分けドロー。
やはり実力伯仲だな。
<世代交代への波>
両者共に技は、ほぼ撃ち尽くした。
上原は祐希子のスワンダイブ式ドロップキックを受けきったし、
祐希子は上原のドラゴンスープレックスを返した。
お互いに、あとは一発のみ。
祐希子は強引にボディスラムで上原を倒すと、
コーナーポストへ駆ける。
おなじみのあの体勢。

リング下で見守る来島や斎藤も手に汗を握る。
来島「これで、決まる。」

ムーサルトプレス発射!
しかし、待っていたのは……。
祐希子「ぐぅあ!」
上原の膝だった。
上原「もう少しだったのに、かわいそうだけど。」
祐希子を無理やり立たせる。
にらむ祐希子を前に、上原が舞う!
フランケンシュタイナー!
しかし、今度は祐希子が返す!
祐希子「おぉぉお!」
パワーボムで切り返すと、そのまま3カウントを奪った。

マイティ祐希子、JWWFヘビー級王座奪取。
posted by 343 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | JWWF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110083910

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。