2008年11月16日

3年目10月〜3月

10月
IWWFタッグ海外で防衛戦。
四国巡業も上原・祐希子の人気ツートップがいないときつい。
来島さん、斎藤さんあたりもサイン会はしてるんですが。

11月
IWWFタッグは防衛して帰ってきた。
TVは継続。
中国シリーズは好調。
斎藤は祐希子にも勝つようになる。

12月
今年はEXタッグに出場!
IWWFタッグ王者を送り込むぜ〜!
堀・理沙子組 吉原・北条組 南・八島組 龍子・瀧組 十八夜・オーガ組というメンバーに勝っていくが……。

六角・ガルム組というベテランと、
メガライト・キャシーウォン組に敗北。
優勝は六角・ガルム組。
IWWFの権威が……。

プロレス大賞はスルー。

1月
上原一日署長。
近藤にファンクラブが。
新年、大阪興行はハコ6000人で挑戦。
そこそこは入った。
JWWFヘビー防衛戦は上原VS祐希子の師弟対決。
ミサイルキック→スワンダイブ式ドロップキックのコースも、
フランケンシュタイナー→ドラゴンスープレックスには勝てなかった。
上原さん初防衛。

2月
来島さんにヒーロー映画のオファーが。
いいんでない?
上原さんのコメディー映画は断る。
上原練習専念で有明興行へ。
埋まるけど赤字になった。4興行じゃ足りないな。
斎藤さんに祐希子さん、上原さんごちそうさま。

3月
来島さん映画ヒット。
上原さんに再び映画オファー→だが断る!
IWWFタッグの防衛勧告。
どうでもいいが、強敵よこしやがれ→防衛

上原さんのイベント2回目、切ない……。

<エースの輝き>
興行が終わって。

343「上原・祐希子組はさすがだな。
   来年はEXタッグも狙えるだろう。」
霧子「ええ、上原さんはここ数試合は精彩を欠いていましたが、
   この防衛戦はさすがでしたね。」
343「あのフランケンシュタイナー、恐ろしいな。」
霧子「やられてみたいという危ないファンも多いみたいですが。」
343「……死ぬぞ、マジで。」
霧子「……しかし、何かきっかけがあったんでしょうか?」
343「まあ、ね。」
霧子「何か知っているんですか?」
343「ここだけの話だがね、上原さんは恋をしているね。」
霧子「……そうですか。」
343「まあ、年頃だからね。むしろ適齢期だよね〜。恋が実るとよいけどね。」
霧子「……その恋が進展したんでしょうか?」
343「いや、その悩みを打ち明けられたときに、
   オレがね、彼女にエースの自覚を説いたんだよ。
   いや、厳しく言ったわけじゃないよ。」
霧子「……。」
343「彼女は理解してくれたよ。
  『社長にそう言われるだけで、
   またがんばれる気がします』なんて、
  嬉しいこといってくれちゃってさ!
  いやぁ、おれっていい社長だよね、わっはっは。」
霧子「(まずいわ、色々と)」
posted by 343 at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | JWWF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。